太陽の季節到来。子ども向け日焼け止め、なにがおススメ?

April 3, 2018

 

メキシコシティでは3月から5月にかけて最も暑い時期を迎えます。この季節、必須の日焼け止め。今回はお子様にも安心な日焼け止めについてレポートします。

 

 

 

高地では曇っていても要注意、な紫外線

 

メキシコシティ他の中央高原地帯は標高も2000m超えのため、紫外線も強くなります。気象庁のサイトによれば、標高が1000m高くなると、紫外線は約10%も増えるのだとか。

曇っていても要注意、日差しが強ければなお注意、それがメキシコの紫外線です。

 

 

 

<関連記事>

Febrero loco, marzo otro pocoにも最適。UVケアのできる保湿クリーム

 

 

今回は、メキシコ子育て仲間の口コミを聞きながら、実際私が使ったことのある子ども向け日焼け止めクリームをご紹介します。

 

使い心地や香りに対する印象は個人の感想です。

また、どのメーカーも娘に使用した際は湿疹などの肌トラブルは出ませんでしたが、お子様によって反応も違うと思います。詳細はかかりつけの小児科医、または皮膚科医のアドバイスを受けてください。

 

 

LA ROCHE-POSAY/ラ・ロッシュ・ポゼ

ANTHELIOS

 

ラ・ロッシュ・ポゼはフランスのメーカー。

フランス中西部にあるラ・ロッシュ・ポゼ村の湧き水を使い、敏感肌を考えたスキンケアブランドとして厳しい検査基準のもと、製品を研究しているそうです。

世界中の皮膚科医のお墨付きもあり、私もとある皮膚科医からラ・ロッシュ・ポゼのクリームを出されたことがあります。

 

このアンテリオス・キッズミルクは無香料・パラペンフリー。顔にも身体にも使えます。

公式サイトに「しっとり」とありますが、個人的な使用感は「こってり」。ですが、そう見えてクレンジングの必要がなく、子どもに使用したあとも石鹸で洗い流せます。

 

日本語での製品説明はコチラ

 

 

 

EUCERIN/ユーセリン

SUN LOTION KIDS

ユーセリンはドイツ生まれのメーカーで、実に100年以上の歴史があります。

元々、アトピーやにきび等の肌トラブル向けに商品を開発しており、実際、勧めてくれた友人もアトピーに悩んでいた際に皮膚科医から紹介されたのだそうです。

私も、基礎化粧品はユーセリンのクリームとアヴェンヌの化粧水を使っています。

 

さて、日焼け止めに関しては、ローション、というだけあって、ラ・ロッシュ・ポゼのものより伸びがよく使いやすい印象です。

 

英語での製品説明はコチラ

 

また、SPF30の製品は、生後3ヶ月から使用できるそうです。

 

 

 

MUSTELA/ムステラ

Very High Protection Sun Lotion

 画像は公式サイトより

 

フランス生まれの人気ベビーケアブランドで、ネットでの評判を見ると「セレブ御用達」のブランドだそうです。本国では薬局でしか購入できないようですが、メキシコでは薬局以外でもデパートなどで手に入ります。

 

娘のシャンプーやお尻クリームはずっとここの製品を使っていました。現在もボディ&フェイスクリームはムステラ。

クリームは微香料で、その優しい香りが気に入って使っていましたが、正直日焼け止めに関しては「無香料」とありますが、いわゆる「日焼け止めの臭い」が強い印象でした(使用したのはもう2年ほど前の話ですので、この点に関しては公平性に欠けております)。

 

英語での製品説明はコチラ

 

 

 

以上の日焼け止めは、子ども用とはありますが、もちろん大人でも使用できます。

今の季節は店頭にたくさんのメーカーが並んでいますので、どれを買おうか悩む…という方に、メキシコで子育てしている“いちお母さん”の経験、として、ご参考までに!

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

​こちらの記事もどうぞ

カテゴリー
Please reload

タグから検索
Please reload

© 2019 by メヒコぐらしの手帖 All Rights Reserved.

当ブログに掲載のテキスト及び画像の無断転載を禁じます。

当ブログに掲載されている情報は執筆時点のものです。最新情報は公式サイト等でご確認ください。