トータルプロデューサーに聞く、オルケスタ・デル・ソル x チカブーン メキシコ公演のここに注目!

October 8, 2018

ラテンミュージックファン垂涎のライブが今月20日、21日にメキシコにて開催されます。チカブーンのリーダーでトータルプロデューサーの森村あずささんにその聴きどころをうかがいました。

 

 

 

 

 

オルケスタ・デル・ソル とは?

1978年日本初のサルサバンドとして誕生。その後、メンバーチェンジを繰り返しながらも、日本におけるラテンミュージック先駆者として、後続のミュージシャン達へ絶大な影響を与え続けるバンドです。

 

http://www.delsol.jp.net/index.html

 

 

 

チカブーンとは?

リーダーの森村あずさの呼びかけで1984年に発足。キューバ政府の招聘でカーニバルに参加するなど、積極的なキューバのミュージシャンとの交流を行っています。

 

https://www.uno-music.com/j_artists/chica_boom.php


 

 

 

ー今回、メキシコで公演をすることになったきっかけは?

 

森村:今回の公演のきっかけは2015年に東京でカルロス・春日さんと、日墨協会方々とお会いしたことです。カルロス・春日さんは、日系人実業家としてメキシコでその名前を知らない人はいないのじゃないか、というくらいの有名人ですが、お目にかかった際にはその素晴らしいお人柄に心を打たれ、カルロスさんに捧げる曲を作りましょう!と盛り上がりました。

 

 

ーそれが、新曲”Puente sobre el mar”でしょうか?

 

森村:はい。春日さんにお会いした帰り道に作曲者であるオルケスタ・デル・ソルの音楽監督の森村献の頭にふっと湧いて出たのがPuente sobre el marです。大海原を渡るイメージで日本を思わせるメロディー。

 

メロディーが出来上がってから歌詞を書いて下さる方に出会うまで3年かかりました。日本で活躍される歌手、日系ペルー3世のエリック・フクサキさん、その人です。彼はもちろん春日さんを尊敬しており、ペルー在住時代にのど自慢大会でお会いしたことがあるそうです。

それから詩を書くために、日系の歴史を勉強し、日系である自分自身も深く掘り下げ、数ヶ月かけて出来たのがこの詩です。書いている時に涙が溢れてたそうです。

 

 

 

 

このコンセプトに賛同してくれた、「島唄」でおなじみのThe Boomの宮沢和史さんにもご協力を得て、素敵な日本語の歌詞を書いていただきました。

 

この曲を直接春日さんに捧げるのが夢です。

海を渡った日系の方々から、今の日本で失いつつあるものを教えて頂いています。そんな全ての日系のみなさんにこの曲を贈りたいと思っています。

 

 

ーもちろん、今月のメキシコ公演でも披露されるのですよね?

 

もちろんです!たくさんの移民の方や、メキシコの方に聞いていただければ。ちょうど2018年はオルケスタ・デル・ソルも40周年を迎え、日墨外交130周年記念さらには日本人キューバ移民120周年と重なったこともあり、ラテンの方々に感謝の気持ちも届けたいと思いました。ラテン音楽無しには、私達の人生は語れないからです。

 

 

ー公演のスケジュールは?

 

10月20日にはモレロス州のヤウテペックでコンサートを行います。私達はヤウテペックの文化がとても好きで、演奏出来る事を心より楽しみにしています。一緒に踊って、歌って、言葉や文化を超えて楽しみたいです。

 

 

 

10月21日には日墨協会で行われる秋祭りの会場でのコンサートです。こちらはたくさんの日系人や日本文化愛好家の方が来場するので、日本語の歌を多くしようと思います。

 

 

 

ヤウテペックと日墨協会での公演はそれぞれ演奏するものは違いますが、日本文化を紹介する曲を演奏したり、メキシコの曲を演奏したり、見に来て下さった方々にいつまでも思い出していただけるような公演にしたいです。

 

この公演の実現に向けて多大なるご尽力いただいた日墨協会の中村みゆきさんとヤウテペック公演の実現にご尽力頂いたセルソ・ドゥアルテさんには心より感謝いたします。

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

​こちらの記事もどうぞ

カテゴリー
Please reload

タグから検索
Please reload

© 2019 by メヒコぐらしの手帖 All Rights Reserved.

当ブログに掲載のテキスト及び画像の無断転載を禁じます。

当ブログに掲載されている情報は執筆時点のものです。最新情報は公式サイト等でご確認ください。