二ホン x メヒコのモノづくりを目指して。Zenren Kimonoによるプロジェクト発進!

November 20, 2018

 

日本の着物文化とメキシコのテキスタイルや民芸品。この2つの文化の魅力を使って、新たなプロジェクトを開始したZenren Kimono代表・梶谷賢さんにお話をうかがってきました。

 

 

39歳での一念発起

 

メキシコシティの中心部にほど近い、下町の雰囲気を残す路地を抜けたその先に、今回の訪問先Zenren Kimonoのスタジオがあります。「こちらです」とドアを案内された筆者の目に飛び込んできたのは、色鮮やかな着物、きもの、キモノ

 

 

 

「地元・京都の古着商を通して入手したものなのですよ」と話すのは代表の梶谷賢さん。話を伺うと、おばあさまは仏具やカバンなどに使う西陣織の職人さんだったそうです。今回のプロジェクト立ち上げも、そういう所縁があってのメキシコ移住だったのか、と早合点をしたものの「メキシコに来たきっかけはバヒオ地区での工場通訳の職を得て」という意外なお話。

 

 

京都外国語大学でスペイン語を専攻するものの、卒業後はスペイン語とは無縁の会社へ就職した梶谷さん。35歳の折、思い立って旅行先に選んだのがスペインだったそうです。「びっくりするほどスペイン語を忘れてましたね。数字ですらあやふやなくらい」と笑います。せっかく大学で4年かけて学んだスペイン語なのに、と、改めてスペイン語を勉強しなおし始めた梶谷さんに「メキシコのバヒオ地区で通訳をしないか」と声がかかったのが37歳の時だといいます。

 

 

「バヒオ地区では、自動車の部品工場の通訳をしていました。工場では、ネジやその他の小さな部品をベルトコンベアにのせて組み合わせていきながら1つの完成品を作り上げていくわけですが、その工程が見ていてとても楽しかったんです。こんな小さいネジがあの部品に完成していくのか、という感慨というかね。それで、『1からモノを作ることって面白いな』という興味がわいてきました。」

 

 

 

そこで自分もメキシコでモノづくりに携わりたい、という気持ちが高まった梶谷さんは39歳で一念発起し、会社を退職して独立。Zenren Kimonoでのプロジェクトを開始したといいます。

 

 

キモノの可能性を探して

 

「自分自身は職人だったわけではありませんが、やはり京都という場所柄、着物は本当に身近にありました。それから、私が勤めていたバヒオ地区にはレオンという皮革産業で有名な街もあり、革製品を見ながら『これは着物とコラボしたら面白い製品ができるんじゃないか』と色々アイディアが出てきたんです。」

 

 

 豪華な袋帯をつかった髪留め

 

 

そこで、もっと着物を知るため日本に一時帰国をし、着付けの先生について着物のイロハを学びながら、同時に京都の古着商を訪ねてきたといいます。

 

 

 梶谷さんがメキシコにいる間は、京都にいるご家族が買い付けを担当しているそう

 

 

「最初は、購入した古着は、こちらの職人さんとのコラボレーション用に使えるようにばんばんほどいて切ってしまおう、と思っていたのですが、意外にもメキシコ人からの『売ってほしい』『貸してほしい』というリクエストが多かったのです。それに、知れば知るほど着物の魅力にも取りつかれていき、正直、ハサミを入れるのはもったいないな、なんて気持ちも芽生え始めました。なので、モノづくりプランを進める一方、着物自体をメキシコの皆さんに楽しんでもらうためのレンタルや販売も開始しました」

 

 

その足掛かりとなったのが、死者の日にモレーリアで行われた「着物&カトリーナコンテスト」。参加者はメイクアップアーティストにカトリーナのフェイスペイントを施してもらい、Zenren Kimonoの着物を着て一芸を披露してもらう、というものでした。初めての企画ながら、これが大成功。続けて現在は、写真撮影への貸し出し等の声もかかっているのだとか。

 

 

「モレーリアのイベントで知り合った方に織物の職人さんがいたんです。それで、彼とも、メキシコの織物と着物とのフュージョンで1つ企画も進んでいます」と話す梶谷さん。Zenren Kimono、これからの展開が楽しみなプロジェクトです!

 

 

ZENREN KIMONO -Elegancia de Japón-

梶谷賢

Email: zenrenkimono@gmail.com

Facebook: Zenren Kimono

 

*着物のレンタル及び着付けはメキシコ全国どこへでも対応可能。これからのポサダ時期にもぜひ!

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

​こちらの記事もどうぞ

カテゴリー
Please reload

タグから検索
Please reload

© 2019 by メヒコぐらしの手帖 All Rights Reserved.

当ブログに掲載のテキスト及び画像の無断転載を禁じます。

当ブログに掲載されている情報は執筆時点のものです。最新情報は公式サイト等でご確認ください。