海外在住者の心にそっと寄り添う。「海外こころのヘルプデスク24時」

November 29, 2018

留学、駐在、移住……。形は違えど、メキシコという、日本の外で暮らす私たち。そんな海外暮らしの中でちょっと疲れてしまった、という経験は誰しも持っているのではないでしょうか?そんな時に相談したい「海外こころのヘルプデスク24時」をご紹介します。

 

 

きっかけは、メキシコ中部大地震

 

2018年6月4日にオープンした「海外こころのヘルプデスク24時」。

 

発起人の心理士・秋田まきさんは2018年前半までメキシコシティに在住していました。

 

メキシコシティ在住中から「海外生活・国際恋愛カウンセラー」として、個人ベースで海外全域からの相談を受けていた秋田さんですが、その活動の中で「海外にいろいろなキッカケで出てこられた方のお悩みをうかがう無料相談機関があったらいいな」と漠然と考えていたそうです。

 

「日本には、市や厚生省など行政の相談窓口もありますし、民間でも『いのちの電話』『チャイルドライン』など、相談機関は豊富です。でも、海外在住者が時差を気にせずにアクセスできる場所がないなあ、と気になっていたんです。」

 

そんな秋田さんの考えに決定打を与えたのが2017年9月にメキシコシティを襲った「メキシコ中部大地震」でした。震災後、無料の「震災こころの相談ホットライン」を開設した秋田さんのもとには、在メキシコシティの邦人たちからの相談が寄せられたそう。公式の発表としては「邦人の被害者なし」となっていたものの、実際には、間接的あるいは直接的な被害者は存在していました。

そこで、海外で「今」、つらい思いをしている人々に、金銭的負担をかけずに、手を伸ばしてもらえる機関を作りたい。そう思い「海外こころのヘルプデスク24時」を立ち上げるに至ったそう。

 

 

 

「海外こころのヘルプデスク24時」、こんな方に利用してもらいたい

 

まだまだ「カウンセリング」という文化が根付いていない日本人にとって「心の悩み相談」というと、どうしても「こんな小さな悩みでも話していいんだろうか」なんて二の足を踏みがちなもの。

 

ですが、「海外こころのヘルプデスク24時」では

 

○とにかく誰かに「日本語」で話しがしたい

○まわりに相談できる人がいなくて苦しい

○日時予約して相談するほどではないと思っている

○胸がもやもやするけれど、どう言葉にしていいかわからない

○いつも自分のことを後回しにしてしまい誰かに話す時間がない

○海外生活になかなか慣れない

○同じ気持ちを知っている人に聞いてほしい

 

こんな気持ちを抱いている人に、ぜひ話をしてほしい、といいます。

 

海外生活者に「日本語で」胸のうちを打ち明けてもらい、ほっとひと息ついてもらう。そんなオアシスのような存在を目指しているという秋田さんは「実際に、海外生活や恋愛・結婚といった具体的なお話から、ただ話を聞いてほしくて、とか、日本語を聞いてホッとしたくて、まで、さまざまなご相談が寄せられています。抱えている荷物を少し降ろしていただいて『とりあえず、一晩寝てみようかな』と思える。そんな休憩所のようなところと考えていただければ」と話します。

 

 

どんな人たちに話を聞いてもらえるの?

 

「こころのヘルプデスク24時」には心理士3名、専門コーチ・コンサルタント9名、医療従事者・教育従事者2名を中心とする17名が在籍。全員が海外在住者もしくは海外生活経験者で、相談員同士も「傾聴」の研修を受けた相談員が心理カウンセラーの指導や、ピア(相互)リスニングなどを行い、常にスキルアップに努めている、というのも心強いですね。現在は、毎日相談員が常駐するものの、時間帯によっては不在の場合も。将来的には、24時間眠らないホットラインになることを目指しているそうです。

 

 

 

どうやって利用するの?

 

相談は、オンライン会議システム「Zoom」を使った音声のみのやりとり。

PC利用の場合は、URLをクリックすると相談ルームへの入室可能。タブレットやスマホの場合は「Zoom」のアプリをあらかじめダウンロードする必要があります。

 

 

詳細は「海外こころのヘルプデスク24時」サイトにて「ご相談のしくみ」をご確認ください。

 

 

 

***

筆者、実は、主宰者の秋田まきさんのことはメキシコ移住前から存じ上げている次第。秋田さんの「海外こころのヘルプデスク24時」立ち上げを後押しした「メキシコ中部大地震」の際には、彼女がFacebookでシェアした言葉に助けられた一人でもあります。

 

 

*彼女の言葉については、こちらの記事もぜひご覧ください(外部サイトにとびます)。

 

メキシコ中部地震から1ヶ月。現地から今、伝えたいこと。

 

 

今、ちょっとメキシコ生活に疲れてしまっている、そんな皆さんがいるとしたら、ぜひ「海外こころのヘルプデスク24時」でほっとひと息ついてみてください。そして、これからのメキシコ生活をまた楽しんでもらえたら。そう願っています。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

​こちらの記事もどうぞ

カテゴリー
Please reload

タグから検索
Please reload

© 2019 by メヒコぐらしの手帖 All Rights Reserved.

当ブログに掲載のテキスト及び画像の無断転載を禁じます。

当ブログに掲載されている情報は執筆時点のものです。最新情報は公式サイト等でご確認ください。